For Someone

学んだことをメモします。誰かのお役に立てば幸いです

読書

1日1分! お金も時間も貯まる片づけの習慣

投稿日:8月 24, 2019 更新日:

著者について

 

日本初の「かたづけ士」による著書。(名乗ったもん勝ちでは?と思いつつ)
個人、企業向けに「かたづけ」のコンサルティングを行っているらしいです。

小松易さんのHP→https://sukkirilab.com/

 

あなたの片づけ力と仕事のデキはリンクしている

 

本の中の一節ですが、
「う~ん、一概には言えないかな~」というのが正直な感想です。
というのも例に上がっていたのが

・モノが見つからず人を待たせる←わかる
・定期的にモノをなくす←わかる
・チャンスを逃す←?
・自分に自信をなくす←??
・なんだかイライラする←???

 

という内容で、科学的根拠の記述が一切なかったので、、、

 

片づいているオフィスには、片づく「仕組み」がある

 

これはすごく納得できました。

・モノを置く場所が決まっている
・在庫切れの直前にモノが届くシステムを確立する(余剰在庫を抱えない)

 

などです。

これは持論ですが、
・持ち出し時の管理方法が確立している
という要素も、誰がどこに持って行ったかなどの情報をチャットなどから追えるので
安心感が持ててグッドです。(実際に会社で実践してます)

 

財布を見ればあなたのお部屋の状態がわかる

 

これに関しても統計的、心理的な裏付けが皆無でしたので、
「そうかもね~」くらいに受け止めました。

 

感想まとめ

 

だいたいこの手の本にありがちなキーワードは全て予想通り出てきました。

「無駄なモノは買わない」
「使ってないモノは捨てろ」
「収納ルールを決めろ」

 

などです。

 

私はもともと、子供の頃から家に遊びに来た人が若干引くくらいに部屋がきれいなので
予想がついたのかもしれません。

一つ、気になったのは、
裏付けが曖昧で片づけができない人にレッテルを貼るような内容が

導入部分に多々見られたことです。

この本を見た人が、「あいつは片づけができないから○○なやつだ!!」
とならないかちょっと心配です。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

孫正義 リーダーのための意思決定の極意

孫正義氏の考え方や経営戦略などをまとめたものです。
控えめに言って孫さん半端ないっす。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

これはもう、それはそれは良書です。
オススメ。人生、働き方の常識が変わります。

林修の仕事原論

林修さんの仕事に関する考え方がまとめられています。
コンパクトにまとめられています。
それでいて独自の鋭い視点で考え方がまとまっていたので
読みやすくて興味深い本でした。

未来の年表

具体的な統計データから将来推計を行い、
人口減少でこれから日本に起きることを
年表のように順を追って書かれています。

できる人はなぜ「情報」を捨てるのか

大量の情報の中から余計なものを捨てて
「使える情報」だけを残しておく、
そのためのテクニックをまとめた本です。